お知らせ 取扱店情報 ネットストア メールマガジン 問合せ カートを見る
2015.10.17 Saturday
ポジティブな人とネガティブな人では見える景色が違う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ネガティブなことでも、人によってはポジティブに感じることがある。

ポジティブな人とネガティブな人は同じものを見ても、感じ方は正反対に異なるもので、生産性でいうとネガティブな人は何も生み出さず、ポジティブな人だけが世の中に新しい物を生み出すことができると思っている。

この両者の考え方がどう違うのか、ということをしばらく考えてみたんだけど、これは考え方というよりも考え方が発生する視点の位置なのではないかと思いついた。

ネガティブな人は自分視点、自分中心の考え方。
1)心配「大丈夫?」
2)同情「大変だね」
3)他責・自責「こうなったのは◯◯が悪い」

ポジティブな人は視点が俯瞰で、社会の一部としての考え方。
1)切替「これって逆にチャンスじゃね?」
2)行動「ちょ、やってみない?」
3)展開・飛躍「うまくいきそうじゃね?」

自分の周りを固める人たちがポジティブかネガティブかで自分の人生も変わる。

上向きのスパイラルに乗って上昇するか、下向きのスパイラルに乗ってどこまでも下降していくか、それは本人の心がけ次第であり、考え方は簡単には変わらないけど、視点を変えて無理矢理に軌道修正することは可能。でも、それは本人の行動次第なので、他者の影響によって変わるわけではなく、原則として本人の人生に対する姿勢に依るところとなる。

一見ネガティブなことが起きたとしても、自分や周りを固める人たちの考え方がポジティブであれば、周囲からネガティブな状況だと認識されていても必ず次のチャンスにつなげることができるし、一時の悪いことも、先の未来の良きことに変える力が湧き出てくるものだと思う。

いままでもそうやってきたし、これからもそうやり続けるんだろうと、僕も思う。

ポジティブな人とネガティブな人では見える景色が違う。ネガティブな人が悪いわけではない、ただ、共存していくにはネガティブな人は重すぎるというだけ。



title2015.png



  • 秀島康右プロフィール


  • 作業用リンク
  • Amazon.co.jp
  • ビックカメラ.com
  • 楽天カード
  • 艦これ
  • 印刷の通販 グラフィック
  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 日本旅行
  • ロリポップ!
  • ASKUL
  • cotta
  • ダイレクトフードプリンタ
  • 3Dプリント