2015.04.20 Monday
15分で誰でも有名人になれるだろう
このエントリーをはてなブックマークに追加


死ぬほど仕事が溜まってるんで、総社宮の拝殿竣工祭プロジェクトは運営チームに託して、僕はちょっと自分の仕事に戻らせてもらうことにしました。あとはプロジェクションマッピングのムービーのクオリティチェックをしたりするぐらいでしょうか。28日に放映するオープニングムービーを僕が作ろうかと思ってます。20年ぶりなのでちゃんと作れるかどうか心配ですが。

今回の僕の仕事としては、プロジェクションマッピングの手配と費用の支払い、総社宮のホームページを作ることと、氏子さんとコミュニケーションが取れる段階までFacebookページを整備して「いいね」を500まで増やすこと、あとはプレスリリースで全国区のニュースソースにすること、総社宮を取り巻く全てのデザインを整備してブランディングの基礎をつくること。これが僕の役割でした。

お金はこれからKITOKAMIで稼ぐとして、プロジェクションマッピング以外のことについては自分でやれば数十万〜100万で出来ることなので、まあ片手落ちで居眠りしててもできる。いつも仕事でやってることなので、もう方法論も出来上がってるので難はなかったです。とは言っても、ただ時間がなかったのでほとんど不眠不休ですが。

「15分で誰でも有名人になれるだろう]
In 15 minutes everybody will be famous.

これはアンディ・ウォーホルの言葉。

真意についていろいろ質問されて、嫌気が差したウォーホルが言った言葉らしいですが、この言葉の意味を僕なりに考えていて、それが今の僕の広報スタイルになっているのかもしれません。

総社宮の拝殿竣工祭は当日の運営や神輿渡御など、その根幹を成すところを東京チームが担っています。祭り当日の運営スタッフも東京から来ます。信じられないことに、岡山の神社の祭りなのにほとんどが東京頼みなんです。

そういうところがやはり岡山の弱いところなのかなあとずっと思ってましたが、今回祭りの準備に携わってみて、やはり、岡山は根本的に人材不足なんだなあと痛感しました。

総社宮もKITOKAMIも全国区のニュースソースになってくると思います。でも、岡山のメディアも、岡山の人たちも反応が鈍く、ちょっとイラッとはしました。出店の参加を嫌がる店も多く、ガッカリすることも多かったです。

とはいえ、僕も岡山レベルの人間ではないので、ほぼ東京チームとして基礎を作った総社宮の竣工祭、あとは、岡山チームの頑張りが必要になってきます。当日フル稼働になるであろう禰宜の頑張りと、安くんがムービーのクオリティをどこまであげられるかが勝負だと思います。

岡山レベルで終わってしまうのか、それとも今までにないクオリティを岡山で実現できるのか、ゆっくりと見守りたいと思います。



title2015.png



  • 秀島康右プロフィール


  • 作業用リンク
  • Amazon.co.jp
  • ビックカメラ.com
  • 楽天カード
  • 艦これ
  • 印刷の通販 グラフィック
  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 日本旅行
  • ロリポップ!
  • ASKUL
  • cotta
  • ダイレクトフードプリンタ
  • 3Dプリント